雨の日だからこそ、新しいキャンペーン対策で集客UP!

いよいよ6月に入り雨の日が多いシーズンになりましたね。

ところで飲食店や小売店などを営んでいる皆さんは、雨が降ることで来客数が減ったり、売り上げが落ちたりするのは”よくある現象”として「それは仕方がないこと」とちょっと諦めたりしていませんか?


その集客方法、本当に効果的ですか?

「今日は雨だから仕方がない」と諦めずに様々なアイデアで、雨の日の売り上げダウンを乗り越えようとしているお店や施設も多くあります。

とくに近年では、個人のお店でもSNSを使ってリアルタイムに気軽に情報を発信することができるようになったせいか、「今日は雨だからゆったり食事が楽しめるよ」とか、「雨だから割引しますよ」といった、今来店すればおトクだよ!というアピールも増えてきたように思います。

ただこのSNSでの情報発信も、ただ発信を行うだけでは十分な効果は得にくいのではないかなと個人的には思っています。

なぜなら。

たとえば、ランチタイム。雨が降ってきました。SNSでフォローしているラーメン屋さんが、雨の日割引をするという情報を出している。でも今、そのお店の近くに自分はいない。

…となった時、私だったら残念だけれどそのお店には行かず、雨を避けるように近くにあるお店に入ってしまうなと思います。

結局そのお店の大切な情報が届いて欲しい人は、お店のそばにいる人でなければダメなんですよね。

でも現状は、お店の情報をフォローしているファンの人がいつもそのお店のそばにいるとは限らないので、お店側はこのお得な情報をフォロワーが拡散してくれることにゆだねるしかないのです。

せっかく頑張ってお得な「雨の日割引」の情報を発信しても、届いて欲しい人になかなか届かない。もどかしいですね……。

新しい集客の手段を取り入れてみませんか?

さて、もしも「雨の日割引」の情報がお店の近くにいる人に、しかも自動的に発信されてリアルタイムに届けられたらどうでしょうか?

新しいお客様の獲得につながるかもしれませんよね???

それを可能にしたのが、弊社が新しく開発した”whethermarketing.net”です。

「雨の日割引」というキャンペーンを広告として、

お店のあるエリアで雨が降ってきた時に、

お店の近くにいる人が見ているスマホに配信するんです。


しかも配信する情報を事前に設定しておくだけで、雨が降ったら自動的に配信される仕組みです。貴重な営業時間にわざわざスマホを開いて店主自ら情報発信する…などという手間がありません。

しかも必要な人に必要なタイミングで情報を届けられるので、広告費用が最小限に抑えられるのもメリットの1つです。

などと、だいぶ端折ってしまいましたが、whethermarketing.netをとても簡単に説明するとこんな感じ。

もっと詳しく内容を知りたい方は、whethermarketing.netのサイトから資料をダウンロードしてみてください!

「雨の日だから仕方がない」ではなく、雨の日だからこそ新しいことを取り入れて、WEB広告での集客を、もっと効率よく、効果的に行いませんか?