top of page

いつも同じだと損をする!?季節に合わせたお掃除方法!

みなさんは、いつもどのような掃除をしていますか?

なんとなく目が付いたこところをしている方は要注意!実は掃除も、気温や季節の行動に合わせたオススメの掃除ポイントがあるんです。

今回は冬と夏のオススメ掃除ポイントをご紹介します!

カーペットに掃除機をかける

冬のオススメ掃除ポイント

①冷蔵庫

冷蔵庫の中を掃除するには、食品を取り出す必要があります。冬は気温が低いため、中の食品を取り出しても安心して掃除できます。除菌用アルコールスプレーをキッチンペーパーなどに含ませ、拭き掃除をしましょう!

②窓の内側

冬の朝は、窓が結露で濡れやすいです。そのため乾いたタオルで結露を拭き取り、窓の内側を拭き掃除しましょう。そのまま桟などの汚れ落としに使うこともできます。

③ドアノブ

ドアノブには素手で触れるため、ウイルスや雑菌が付着しています。冬はウイルス性の感染症が流行しやすいため、他の季節以上に除菌を意識しなくてはなりません。汚れの拭き取りと除菌を忘れずにしておきましょう。

夏のオススメ掃除ポイント

①洗濯機

梅雨時期の湿度の高さや洗濯回数が増える夏の影響で、洗濯機はカビが繁殖しやすくなっています。夏こそ洗濯機の大掃除をおすすめします! 塩素系または酸素系漂白剤・洗濯槽クリーナーを使って、しっかりと掃除をしましょう!

②網戸・窓

夏は窓を開ける時間が長い季節です。網戸や窓の汚れがカーテンに付着したり、窓サッシの砂汚れなどが室内に入り込みやすいです。不要なタオルなどで、乾拭き掃除しましょう!

③キッチンコンロ・レンジフード

油汚れは、気温によって掃除のしやすさが変わります。気温が高い夏場は油が溶けやすいため、酸素系漂白剤でコンロ周り・レンジフードの油汚れをキレイにしましょう!

清潔感のある部屋とソファ

いかがでしたでしょうか?

その時の気温や季節に合わせることで、より部屋がきれいになる掃除方法はたくさんあります。ぜひ、気象に合わせた掃除を取り入れてみてください!

またこのように、人間の行動は天気が何かしら関連していたりします。

自分の思いもよらない事柄でも、その人にとっては天気が重要な選択の決め手になることが、世の中にはたくさんありますよね。だからこそ、天気の情報をビジネスに活かすことをルグランではおすすめしており、そのお手伝いを行なっています。

weathermarketing.net や天気連動型のデジタルサイネージなど、弊社の開発したツールの利用で、天気をビジネスに活かしてみませんか?

Comments


bottom of page