top of page

あなたの車は大丈夫?雨で車を傷ませないケアとは!

みなさんは、雨による車の傷みを気にかけたことはありますか?

屋根がないところに駐車されることも多い車ですが、実は雨によって腐食など傷みに繋がるケースもあるんです。

そこで今回は車が雨で腐食してしまう原因や対処法についてご紹介します!

〇車が雨で傷む理由

車が雨で傷むが一番の原因は、水が抜けないことです。

旧車は設計上、サイドシルやドア、フェンダーの内側に水が溜まる車も多いです。

最近の車は旧車に比べてある程度改善されているものの、ドアやサイドシルの内部には水が溜まりやすいです。

対策として水抜きの穴が開けられていますが、ゴミなどが詰まってしまうと水槽状態になり、意味があまりなくなってしまいます。

また、特にオープンカーは幌とボディの境目から水がボディ内側に入りやすいため、傷みやすい構造をしています。

もちろん水抜きの穴はありますが、定期的にゴミを取るフィルターをつけなければ、水槽状態になり腐食が進みます。

窓ガラスが雨で濡れている車

〇雨で傷ませない対処法

まず手軽にできる方法としては、水抜きの穴に挟まるゴミを取り除くことです。

ゴミを取るフィルターなど意識して穴が開いている状態をキープすることで、しっかり水抜きできる状況を整えましょう。

加えて、雨が上がった後に近所を一周走れば、各部に溜まった水分を飛ばすことができます。

また車を停める際、舗装してある駐車場を選ぶのも効果的です。

舗装がされていない駐車場は水が溜まりやすいのはもちろん、土や砂も一緒に水抜きの穴へ入ってしまう可能性が高まります。

地面に染み込んだ雨水が、蒸発して車の下まわりを傷めたりもするケースもあります。

そのため、舗装してある駐車場を選んで停めるようにすることで、腐食の進行を抑えることができます。

下まわりへの対策としては、専用の防錆塗料を塗るという方法もあります。

濡れている駐車場

雨により傷んでしまう車ですが、対策一つで進行を抑えることは簡単にできます。

日頃から意識して行動することで、愛車を綺麗に保ちましょう!

実はビジネスも車と同じで、効果的な方法を用いることで大きく結果を変えることが出来ます。

ルグランでは現在、天気に注目したツールをご提供しています。

日常生活の中で、天気が重要な選択の決め手になることが世の中にはたくさんあるんです。

だからこそ、天気の情報をビジネスに活かすことをルグランではおすすめしており、そのお手伝いを行なっています。

weathermarketing.netや天気連動型のデジタルサイネージなど、弊社の開発したツールの利用で、天気をビジネスに活かしてみませんか?

Comments


bottom of page