top of page

ECサイトの売上が伸びるのはいつ?天気が紐解く必勝戦略

天気と気温が私たちの日常生活に影響を与えることは、多くの人にとって馴染みのある事実です。私たちの消費行動も例外ではなく、ECサイトで商品のパフォーマンスを分析する際に天気と気温を軸にして注目することも重要です。

楽天がフランスの3つの都市で行った研究によれば、雨の日にECサイトでの売り上げが伸び、さらに気温が低下するにつれてECサイトでの売り上げが増加する事が判明しました。さらに、イタリアのソフトウェア開発会社Qapla’がイタリアのミラノとナポリで行った研究では、ミラノでは雨の日に+15.8%、ナポリでは雨の日に+49.5%ECサイトで雨の日に売り上げが上昇することが報告されました。これは一体どのようなメカニズムによるものなのでしょうか?

ECサイトでの売上増加の原因

PC操作をする女性

この現象の背後には、雨天や気温の低迷による外出の頻度の減少による影響が大きいと考えられています。雨の日や気温が低い日には、多くの人が室内で過ごす時間が増え、外出や屋外のアクティビティを制限する傾向があります。この気象条件下では、ショッピングモールや店舗への外出が不便で億劫に感じられることが多く、その代替手段としてオンラインショッピングが特に魅力的な選択となります。そのため天候の影響を受けないECサイトでの買い物は、消費者にとって非常に魅力的な選択となり、それに伴いECサイトでの売り上げが増加することがあります。

また、 一部のECサイトや小売業者は、天候に合わせた特別なセールやキャンペーンを実施します。例えば、雨の日には雨具や室内用品に関連した割引が提供され、低気温の日には暖房機器や冬季商品に関連したセールが行われることがあります。これらのインセンティブは、消費者を引き寄せ、購買意欲を高める役割を果たします。

このような天気や気温の変化が消費行動に影響を与えることを理解することは、ビジネスにとって非常に重要です。広告業界では、天候や気温に合わせた広告戦略を展開し、ターゲット市場に最適なタイミングでアプローチすることがますます重要となっています。たとえば、雨の日には雨具や室内用品の広告を強化し、気温が下がると暖房製品のプロモーションを強調することで、ECサイトでの売り上げを増加させることが可能です。

国内唯一気象連動広告配信ツール

欧米圏では気象条件に合わせた商品の種類・時期の宣伝方法が数年前から主流となっている一方で日本ではまだ海外ほど気象条件に特化したマーケティング手法が浸透していません。この状況を打破するために弊社は天気と連動して広告を運用できる、「weathermarketing.net」というツールを開発し、様々な業種の企業様にご利用いただいています。「weathermarketing.net」では天気・気温・降水量・湿度・風速・花粉といった様々な気象条件のみに限らず、年齢・性別・地域・消費者の興味関心など細かくターゲット条件を設定し商品の訴求を行うことができます。弊社と共に一歩先の宣伝広告を展開しませんか?是非弊社のサービスを利用していただき今後のビジネスシーンを応援させてください。

Comentários


bottom of page