top of page

第8回weathermarketing.netセミナーレポート

4月17日に開催した、weathermarketing.netセミナーについて、ルグランインターンの石塚からレポートさせていただきます。今回のセミナーでは弊社のCEO泉より「気象データ活用による成果倍増の秘訣」をテーマにお話をさせていただきました。また特別ゲストとして、トランスコスモス・アナリティクス取締役フェローの荻原雅之をお招きいたしました。

前半は泉から、気象データを活用した広告の最適化を行うことでCTRやCPA、CVRにどのような影響を与えるか、また、気温が「1℃」変わるだけで人々は態度変容を起こし、それが商品の売り上げに変えるなど、気象データが人々の生活に密接に関係している事実をアメリカの調査結果を交えてご紹介いたしました。

また、広告体験が悪化する中、広告ビジネスを成立させるには、ステークホルダーは媒体(検索エンジン)、検索ユーザー、広告主の3者がハッピーになるシステムの確立が重要になる等、検索連動型広告を日本市場にもってきた泉だからこそ語れるエピソードや、

検索連動型広告のエコシステム

気象データを活用することで人々の状況や興味・関心といった「コンテクスト」に沿った関連性の高い広告が配信できることを、雨の日を例にご説明させていただきました。

雨が上がるタイミングを狙って広告が出せるイメージ

後半では萩原雅之様と泉がデータの読み解き方やクリエイティブな広告が消費者に与える影響等についてディスカッション。また、萩原様からは景気と天気の関係や、ビジネスにおける天気のあり方について、調査のプロフェッショナルならではの情報をご共有いただきました。

今回も沢山の方にご参加いただき、有意義なセミナーになりました。ルグランでは、今後もオンライン・リアル問わず様々なセミナーを開催してまいります。セミナーに日程につきましては、ルグランサイトとニュースレターで最新情報をご案内いたします。

株式会社ルグランでは、気象に連動して広告を配信できる広告配信ツール「weathermarketing.net」を提供しており、天気や降水確率、湿度、気温などの様々な気象条件を使って広告配信を行うことができます。詳しくはお気軽にお問合せください

Comentários


bottom of page