top of page

最も身近で、社会の未来が予測可能なものとは

先日、久しぶりに地元に帰省しゴルフを楽しみました。

実家がある駅に到着し、新幹線の扉が開いた瞬間に感じる空気は東京と全く異なります。この違いは、毎回感じます。

雪国出身あるあるですが、雪国出身の私は降る雪を見て、これは積もるか積もらないかわかります。そのため、雪が積もりそうだから、次の日の雪対策を準備しておくことができます。

実家につくと、猫がいました。飼っていた犬3匹が亡くなった後に、保護猫を飼い始めたとのこと。

猫も天気と関係がある迷信がいくつかあります。

「猫が顔を洗うと雨がふる」

おそらく、一番有名な迷信ではないでしょうか?

実はこれにはしっかりした理論がありました。

湿度が上がるとノミが活発になり、ヒゲに影響が出る。また湿度でヒゲが重くなり、顔をこするとのこと。

「猫がよく寝ると雨」

これは、猫の本能で、雨で獲物がとれないため、体力温存のために寝る。という理由らしいです。

「猫の目天気」

猫の目は明るさで瞳孔が縦に細くなり、暗い時は丸くなりますね。

このように変わりやすい天気のことを「猫の目天気」といいます。

猫についてはまだまだ判明できてないところも多いですが、人間では感じとれない微妙な変化を感じられるのでしょうか?

猫は天気を予測できるのか??

猫の画像

気象データは最も身近で、社会の未来が予測可能

週末のゴルフ、山の天気は大丈夫かな?

明日の遠足、雨降らないといいな〜

来週の旅行にはどんな洋服を準備したらいいかな?

私たちは、ほぼ毎日天気を気にしています。

気象は色々な社会に影響して、唯一、物理方程式に未来を予測することができます。

最近では、ほぼ店頭でなく、オンラインで買物をする人が増えているのではないでしょうか?

アパレル企業では、気象データをAIに取り入れることで、さらに正確な販売予測ができるため、製造計画の最適化をサポートでき、在庫管理も可能に。

廃棄ロス減少で売り上げの向上にも貢献されました。

弊社のサービス、『weathermarketing.net』は気象データを活用して、消費者の購買意欲にベストなタイミングで広告配信ができるため、顧客ファーストの広告を出すことができます。

今までは経験と勘で暗闇の中で運転していたドライバーが、気象データを活用することで、目の前をライトで照らし、自信をもって前へ進める、みたいな感じでしょうか。

気象データは、未来を予測し、計画を立てることを可能にする、と言えそうです。

運転している男性の写真

どんな企業にも、気象データは活用できます。

Google、マックは結構前から気象データを活用され、世界は気象データの活用が当たり前になっています。

海外の気象データの活用事例が気になった方はこちらの記事合わせてご覧ください。

気象データの活用について、ご相談はこちらまで。

どんなサービスにでも活用することができます!


コメント


bottom of page