top of page

ビジネス成功のカギを担う情報戦略

ビジネスにおいて売上の増加に焦点を当て、他の競合よりも有意な位置に立つには『情報』を駆使することは非常に大事な事です。インターネットの普及で獲得可能な情報量が増える一方で、これらのインフォメーションを実際に駆使して業績アップに繋げる事は決して容易な事ではなく、適切な分析能力・活用能力が備わっている必要があります。

ただ、この『情報』をうまく活用すると業界で他者と差別化も測ることができ、売上の増加に繋げることも夢ではありません。

テスラの情報戦略

『情報』を駆使し、世界で有数な企業に成長した企業として「テスラ」が代表的な例です。2003年の企業からテスラが自動車業界で名実ともに不動のポジションを確立するプロセスにおいて、『情報』は非常に大きな役割を担いました。

テスラ

元々創業当初から『情報』を重要な要素として位置付けていたテスラは、エンジニアリングチームを筆頭に積極的に情報を収集・分析して、先進的な電気自動車開発の研究に利用してきました。さらに、テスラは自動運転システム「オートパイロット」を開発し他メーカーとの差別化にも成功します。この飛躍の背景には、膨大なドライバーデータの収集・分析が大きな役割を担っています。これらの情報活用の徹底によりテスラは高性能な電気自動車の開発に成功し、自動車市場での競争力を強化しました。

テスラの事例で分かる重要なポイントの一つは獲得した情報を駆使して「どれだけ顧客が求めている物を世に送り出せるか」です。企業が商品をプロモーションする際に大切なのは、商品を求めている人々にまずはしっかりと商品の『情報』を届ける事です。商品を必要としていない人々に広告を出してしまうともちろんこれらの人には商品に興味を持ってもらえず、単に無駄にリソースを費やしてしまうことになります。

天気を駆使し戦う情報戦

スマートフォンを見る人

イギリスの小売業界団体 “British Retail Consortium” によると天気は経済についで2番目に大きな影響を消費行動をもたらすファクターとして位置付けられています。(データの参照元)

そこで気象条件に合わせて消費者が求めている商品のプロモーションを実現すべく弊社は天気と連動して広告を運用できる「weathermarketing.net」というツールを開発し、様々な業種の企業様にご利用いただいています。「weathermarketing.net」では天気・気温・降水量・湿度・風速・花粉といった様々な気象条件のみに限らず、年齢・性別・地域・消費者の興味/関心など細かくターゲット条件を設定し商品の訴求を行うことができます。弊社と共に一歩先の宣伝広告を展開しませんか?是非弊社のサービスを利用していただき今後のビジネスシーンを応援させてください。

ご興味ありましたらお気軽にご相談ください。



Comments


bottom of page