top of page

秋は冬への準備期間。気象変化に対応した広告配信をするには

日本は四季折々の美しい自然が広がり、海外から見るとその変化がはっきりしている国と言えるでしょう。四季が感じられることは、私たち日本人にとって当たり前のことかもしれませんが、これがビジネスにどのような影響を与えるかを理解することは重要です。特に、10月に突入することで気温が下がり、乾燥した気候になるこの時期には、多くのビジネスにとって大きなチャンスが潜んでいます。この記事では、気象条件や季節の変化に合わせた広告配信が売り上げ向上にとっていかに重要かを紹介していきます。

秋の消費行動の特徴

秋は冬が近づいていることを感じさせ、多くの人々が冬の準備を始める時期です。これに伴い、コートやセーターなどの冬の衣料品、暖房器具、冬季用の家電製品、車のウィンタータイヤ、エンジンオイル点検など、多くの消耗品の需要が増加します。

しかし、気象条件や季節の変化に敏感な消費者が、必要な商品やサービスに対する関心を高めているタイミングで、当該商品の広告を効果的に配信することはとても重要です。この気象条件の変化にマッチした広告配信を行うことで売上の向上が期待されます。

例えば、フランスのファッション小売業者、La Redouteは、デジタルサイネージの配信内容を気温の変化に対応させ、その時の気象条件とマッチしたコーディネートを表示させることで、店舗での売り上げが17%上昇し、オンラインサイトでの売り上げもCTRが34%向上しました。また、アメリカのスキンケアブランド、Demalogicaも気象条件に連動したデジタルサイネージを活用し、湿度などのデータを利用して肌へのダメージを強調し、売り上げを伸ばすことに成功しました。

フランスのファッション小売業者、La Redouteが実際に気象条件と連動させ配信した広告。
フランスのファッション小売業者、La Redouteが実際に気象条件と連動させ配信した広告。

国内唯一気象連動広告配信ツール

このような結果からも分かるように気象条件の変化が及ぼす需要の変化は計り知れません。アメリカやイギリスでは気象条件に合わせた商品の種類・時期の宣伝方法が数年前から主流となっている一方で日本ではまだ欧米ほど気象条件に特化したマーケティング手法が浸透していません。この状況を打破するために弊社は天気と連動して広告を運用できる「weathermarketing.net」というツールを開発し、様々な業種の企業様にご利用いただいています。

weathermarketing.net」では天気・気温・降水量・湿度・風速・花粉といった様々な気象条件のみに限らず、年齢・性別・地域・消費者の興味関心など細かくターゲット条件を設定し商品の訴求を行うことができます。弊社と共に一歩先の宣伝広告を展開しませんか?是非弊社のサービスを利用していただき今後のビジネスシーンを応援させてください。

ご興味ありましたらお気軽にご相談ください。

コメント


bottom of page