top of page

❝〇〇の秋❞をもっと楽しむ! 気象連動型広告の活用法

秋と言えば、さまざまなキーワードで「〇〇の秋」を楽しむことができる季節です。 今年の秋、私は「SDGsの秋」をテーマに『コンポスト』にトライしてみました。家庭で出た生ゴミを米ぬかや腐葉土などの有機物と混ぜ、微生物の力で発酵・分解し、2~3週間で堆肥が完成します。

堆肥づくり

コンポストを始めて分かったことがいくつかあります。投入する生ゴミの大きさや種類によって分解のスピードが違うこと、発酵過程で発生するアンモニア臭が変わること、分解が進んでいる判断の発酵温度が気候によって変化することなどです。コンポストに入れても良い生ごみは野菜くずだけだと思っていましたが、残りごはん、天ぷら、魚、肉等も大丈夫でした。でも、生ごみの種類によっては発酵臭もあるので、我が家は蓋つきのバケツで作っています。

また、コンポストを行うメリットも様々です。生ゴミを捨てる手間が省けること、完成した堆肥を使ってまた家庭菜園ができることなどです。このふかふかで栄養豊富な堆肥を使用しての家庭菜園は野菜が元気に育つので完成するのが楽しみです。

皆さん「〇〇の秋」をどう楽しみますか? 読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋、といった言葉を耳にしますが、アウトドア好きにとっては、「キャンプの秋」も外せない一つです。

ルグランが開発した気象の変化に合わせて広告を配信することができる気象連動型広告「weathermarketing.net」ツールと「キャンプの秋」をテーマにした魅力について考えてみたいと思います。

キャンプ

落ち葉の絨毯が広がり、キャンプファイヤーが心地良く温まるこの時期は、自然の中で過ごすのに最適な季節です。気温や湿度、天候といった気象情報に基づき、その時々で最も適した商品やサービスの広告を表示することで、効果的な広告配信が可能となります。

例えば、秋のキャンプで気になるのは夜の冷え込みです。突然の寒波や冷え込みが予想される場合は、特別な断熱材を使用した寝袋やポータブルストーブの広告を配信することで、キャンプを予定している人達に注意を促し、かつ、適切な商品をオススメすることが可能になります。また、秋の突然の雨や濃霧にも対応するアイテムの広告が、その時々の気象情報に基づいて表示されることで、キャンプをより快適に、より安全に過ごす手助けとなります。

キャンプの秋を最大限に楽しむための新しいデジタルの取り組みとして、気象に合わせて広告を配信することができる「気象連動型広告配信ツール」は大きな可能性を秘めているといえます。

ご興味のある方は、こちらのサイトより、資料をダウンロードしてください。

皆さんも素敵な秋をお過ごしください。

Comments


bottom of page