top of page

自然災害時の行動や備えについて知っておきたいこと

日本では近年、台風や豪雨をはじめ様々な自然災害が起きています。 私が住む地域では今年6月にこれまでにない記録的な大雨が降り河川の氾濫や浸水などが起こりました。常日頃災害についての知識や対策はアップデートしているにもかからず、当事者になると混乱が起き冷静に行動することは難しかったです。

これから秋にかけ台風も多く発生し、近づいてくるような天候には十分注意が必要です。地域に限らず台風の進路状況やニュースなどを確認し、被害を最小限に行動することが重要となります。

豪雨の街角

秋の台風

台風は年間数十個発生し、7~10月にかけて多くなるといわれています。「台風」と一口に言っても夏と秋の台風は違い、それぞれに特徴があります。秋の台風は夏と比較すると、スピードが速く急ぎ足で通過しています。そして、台風の影響により秋雨前線が活発化し、強い雨を降らす傾向があります。 そのため台風が発生したら最新情報をチェックしできるだけはやく災害への備えをしておくことが大切です。 参考URL:秋台風と夏台風の違い

台風による二次災害

台風や豪雨など自然災害の二次災害は事前の予測も難しく一度生じると被害の大きさは計り知れません。二次災害に備えるため、前兆現象を調べ正しい行動をとれるようにしておきましょう。また日頃からハザードマップや避難経路などを確認し、いざという時は慌てず迅速に行動できるようにしておくと安心です。

防災グッツ

自宅から避難所へ避難する際、防災グッツの準備があれば不安も軽減できます。また、自宅が停電や断水になった場合でも防災用品は大いに役立ちます。飲料水や、非常食はもちろん、携帯のバッテリー、常備薬、そしてペットや小さい子どもがいる家庭は追加でアイテムを考えるなど、各家庭の生活に合わせたグッツを用意すると災害時でも、落ち着いて過ごすことができます。

いつ起こるか分からない自然災害。通勤・通学の際に避難場所を確かめ、家族で集合場所を決めるなど普段から話し合いましょう。なにから準備して良いか分からない防災グッツでも生活スタイルや家族構成を考え少しずつ始めていくこともできます。できる限り安心・安全にすごせる環境を整えておくことで、災害時でも落ち着いて行動ができます。

私たち、株式会社ルグランでは、気象の変化に合わせ広告を配信するツール「weathermarketing.net」を提供しています。例えば、防災グッツの広告配信や防災啓発などについての配信などもご相談ください。

コメント


bottom of page