top of page

天気とおやつ習慣の関係:ビジネスの視点から

天気は人間の行動や嗜好に大きな影響を与えますが、おやつ習慣の世界も例外ではありません。食品業界のビジネスにとって、天気が消費者の選択にどのような影響を与えるかを理解することは、マーケティングや販売戦略を考える上で重要です。

ホットチョコレート

例えば、気温は、食欲やスナックの嗜好を形成する上で重要な役割を果たします。気温が上昇すると、人々はアイスクリーム、フローズンヨーグルト、冷たい飲料などのさわやかで冷たいスナックを求める傾向があります。対照的に、寒い天候はホットチョコレート、ケーキ、温かいスープなど、温かくてハートフルなスナックへの欲求を引き起こすことがあります。企業は、こうした気温とスナックの嗜好の変化を理解することで、お勧めする商品やコミュニケーションの方法を戦略的に変えることが可能になります。

スナック菓子

また、湿度が高いと、チップやクラッカーなどのさまざまなスナックのサクサクとした食感に影響を与える可能性があるため、商品への興味・関心が低下することがあります。 逆に、低湿度の状況では、スナックを摂取する際に、水分も摂取したくなることがあります。 これらの影響を認識することで、企業は製品の品質を維持するためのパッケージや製造方法を調整するだけでなく、お勧めの商品や食べ方を提案するためのヒントを得ることもできるでしょう。

天候は人々の気分に大きな影響を与えることがあり、曇りや雨の日には気分が下がることがあります。そのような日には、居心地の良さや幸福感を引き起こすようなコミュニケーションにケーションを行うことで、消費者の感情的なニーズに寄り添うことができ、結果として顧客満足度を高めながら売上を向上させることができるかもしれません。企業は、こうした天候とスナック習慣の多面的な関係を理解・認識することで、マーケティング戦略を進化させることができるでしょう。

株式会社ルグランでは、気象に連動して広告を配信できる広告配信ツール「weathermarketing.net」を提供しており、まとめ天気や降水確率、湿度、気温などの様々な気象条件を使って広告配信を行うことができます。

ぜひお気軽にお問合せください。

Comments


bottom of page