top of page

【セミナーレポート】2024年「DOOH元年」に勝ち抜くためのセミナー デジタルサイネージ先進国アメリカの最新情報から学ぶ

初めまして、ルグランでインターンとして昨年の12月に入社した武本寛大と申します。現在スウェーデンで交換留学をしている大学3年生です。

2024年2月22日「第7回weathermarketing.netセミナー」をオンラインにて開催しました。沢山の方々にご参加いただきました。改めて御礼を申し上げます。ありがとうございました。

2024年「DOOH元年」に勝ち抜くためのセミナー デジタルサイネージ先進国アメリカの最新情報から学ぶ

本日は、セミナーの当日の様子をレポートさせていただきます。

今回のセミナーでは、前半に株式会社HITの渡辺様よりアメリカのDOOHの特徴と弊社と共同開発をした気象連動型サイネージ「HITウェザー」についてのご紹介いただきました。また、後半は弊社泉からサイネージの効果を上げるためのクリエイティブの考え方等について、お話させていただきました。

前半ではアメリカのDOOHの特徴として、サイズが大きい、無音、縦横比がバラバラであるという3点を挙げ、タイムズスクエアといった実際の事例とともに渡部さんからご説明がありました。アメリカのサイネージは多くの画面を連動させる広告のインパクトを最大化しているものや、また、肉眼3D広告で印象的だったサイネージを動画と共にご紹介。クリエイティブの質の高さが重要になるといった課題についてもお話下さいました。

後半は弊社泉より、天気に合わせて広告を出し分けて効果を上げている事例をご紹介させていただきました。

  • Youtubeの動画冒頭に天気の情報を挿入し視聴時間を伸ばした事例

  • 雨予報に合わせて遊園地の屋内施設を紹介する事例

  • サイネージ型広告において、気温や天気に合わせた衣類や食事の広告に随時切り替える事

また今後実装予定の、株式会社アイセイ薬局様とのインストアサイネージと接続媒体の追加(Geologic様、Yahoo!様)の説明や、紹介もさせていただいております。 これによって、位置情報を活用してエリアごとの近隣店舗の広告を、天気や気象条件に合わせて配信することが可能になります。

株式会社ルグランでは、気象に連動して広告を配信できる広告配信ツール「weathermarketing.net」を提供しており、天気や降水確率、湿度、気温などの様々な気象条件を使って広告配信を行うことができます。お気軽にお問合せください。

Comments


bottom of page